ロゴ

お知らせ

新型コロナウィルスへの取り組み

新型コロナウイルス感染症予防についてのお願いです。
現在も全国各地で感染が拡大し続けており、未だ予断を許さない状況にあります。
感染拡大を防ぐためには、自らが感染から身を守る行動を徹底すると同時に、周囲に感染をさせない配慮が求められます。 
日常生活の中でも飛沫感染や接触感染などを意識して、引き続き感染予防に努めてください。 
1【感染予防対策の例】 
定期的な手洗い、うがい、アルコール消毒の実施 手洗いは30秒程度かけて水と石鹸で丁寧に洗います。 
混みあった場所や会話をするときはマスクを着用、ただし熱中症にも注意 夏期は熱中症のリスクが高くなるので、屋外で人との距離が十分確保できる場合にはマスクを外し、 水分補給をこまめにするなど熱中症予防にも留意してください。 
 咳エチケット 咳やくしゃみをする際は、マスクやティッシュ・ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえてください。 
人と人との距離の確保(ソーシャルディスタンス) 人との間隔は、できるだけ2m以上空けるようにしてください。 
3密(密集、密接、密閉)を避ける 人が密に集まる場所、不特定多数の人と接触する恐れが高い場所、換気の悪い場所は感染リスクが高まります。 
上記に該当する施設等の利用はなるべく避けてください。
 毎日検温し、体調がすぐれない場合は無理をしない 可能な限り出勤前に体温測定を行ってください。 
※発熱、倦怠感、息苦しさ、味覚・嗅覚障害などの疑わしい症状がある場合には、無理して出勤せず、 その旨を担当者へご連絡ください。 参考:厚生労働省 新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html 勤務中の職場における感染予防については、原則勤務先の指示に従ってください。 なお、問題や疑問点がある場合には当社担当者までご相談ください。 

2 【感染時および感染の疑いが生じた場合】
 万一、ご自身や同居のご家族などが新型コロナウイルスに感染した場合、または下記のような感染の疑いが生じた場合には速やかに担当者へご連絡ください。 
 ご自身や同居のご家族などに感染を疑う症状がある場合 
※感染を疑う症状 ・発熱、倦怠感、息苦しさ、味覚・嗅覚の異変などの強い症状のいずれかがある場合 
・高齢者、妊婦、糖尿病、呼吸器疾患、心不全など基礎疾患がある方で比較的軽い風邪の症状がある場合 
・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差があります。解熱剤などを飲み続け なければならない方も同様です。)
 ※感染が疑われる場合 「かかりつけ医や地域の診療所」「帰国者・接触者相談センター」「新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル」 などへ相談してください。
※体調に異変がある場合は無理して出勤しない、勤務中に体調が悪くなった場合も同様に、無理をせず担当者    へ連絡をして帰宅してください。 
 ご自身が感染者の濃厚接触者として、保健所より検査の指示や連絡があった場合 l ご自身が検査の結果、陽性と診断された場合同居のご家族などでご自身と濃厚接触がある方が感染した場合 
14日以内に政府から入国制限されている、または入国後の観察期間を必要とされている国や地域などの 渡航歴がある者との濃厚接触がある場合 自分自身と周囲の人たちの安全を第一に考え、冷静な判断や行動を心がけるようにお願い致します。

※2021/07/06更新

お問い合わせ

Contact

ご相談・ご質問等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください

tel-icon

0120-121-480